無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月31日 (日)

つくばエクスプレス試運転を撮影

 8月24日の開業まで一ヶ月を切ったつくばエクスプレスですが、試運転が開業時のダイヤ通り実施されているとの話を聞いたので、工事中の時ちょっとマークしていた南流山-流山セントラルパーク間の地下から地上へ出る付近に自転車で行ってみました。着くなり1本来ましたので、軽くロケハンしてみて撮影出来そうだったので、30分ぐらいカメラを構えて見ました。帰宅後、撮った画像をパソコンで確認しているとどこかで見た覚えが?、鉄道ファン05/8月号114ページの伊藤久巳氏が撮影した場所そのものでした(ちょっとびっくり)。

TX_050731_1

TX_050731_2

こちらは何やらヘッドマークが!

よく見ると「スピーフィー号」とのこと。

TX_050731_3

またヘッドマーク?、こちらは無地でした。

TX_050731_4

ありゃ、ちょっと被ってしまった。

それにしても昼間なのに、かなり頻発運転していますね、しかも速い事、開業が楽しみです。独特のメロディホーンも鳴らしていました。

全て2005/7/31撮影。

常磐線ダイヤ改正ラッピング車登場

 7月9日の常磐線のダイヤ改正から早いもので3週間たちましたが、どういうわけか今頃ダイヤ改正のPRのラッピングを施した車両が登場しました。常磐線快速のE231系マト108編成と武蔵野線205系のM26編成で、内容はほぼ同じものでE531系とE653系の図柄が描かれたものになっています。武蔵野線は南流山でつくばエクスプレスと接続するため、つくばエクスプレスに先手を打つ為のPRでしょうか、武蔵野線からは特別快速とて乗換えが煩わしくて大して便利になっていないと思います(新松戸に停車するなら別ですが)。

 

050731_1 050731_2 ラッピングが施されたE231系マト108編成

 

1両おきに、E653系とE531系が交互にラッピング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

050731_3

 

E531系はこんな感じ。

 

 

 

050731_4 050731_5 こちらは、武蔵野線の205系M26編成

 

図柄はE231系と同様。

 

 

 

 

 

E231系が取手駅、205系は南流山駅にていずれも2005/7/31撮影。

 

 

 

 

気まぐれ乗り鉄の旅 北陸編その6

 7月24日(日)前日に続いて青春18切符を使用し、未乗線区を乗ることにした。福井駅でまず来たのは583系改造の419系であった。

_050724_01

583系(タイフォンからすると581系?)そのままの前頭部。

_050724_03

クモハは改造の切妻型

IMG_0533

車内も583系の面影が色濃く残る。

_050724_01

敦賀から小浜線に乗車。

クモハ125は1台車駆動の為、VVVFのくせに加速が悪かった。

IMG_0537

どこの駅だか忘れてしまいましたが、駅前に「義経」が保存されていました。

IMG_0539

東舞鶴では、同じホームに福知山行き113系2連がいました。

こっちは、オールM2連なので怖いくらいの走りでした(113系の加速ってこんなによかったけ)。

_050724_04

福知山駅で。

113系5800番台?

クモハ113-5809

IMG_0547

上と同じ113系2連ですが、こちらは3800番台

クモハ113-3819

この両者の顔の違いは凄い。

しかしJR西日本の番台区分はもうわけわからん。

                                                                                                                     

福知山からは、また113系5800番台の2連で園部へ、園部で113系5700番台の4連に乗り換え京都に着いたのが12時35分であった。時間的には在来線でその日のうちに東京に帰れる時間であるが、昼食をとってから、在来線でとりあえず名古屋あたりまでゆき、後は新幹線のつもりであったが、一旦改札をでてから金の事は何かどうでもよくなり、気がついたら京都からの「のぞみ」80号の指定席を買ってしまいました(18切符がもう一枚買える値段なんですけれど)。

 のぞみ80号はJR西日本のB編成でした、昨年の夏から上りの「のぞみ」は4回利用していますが、どういうわけかB編成に3回当たっています。指定席はB席しか取れず、あんまり寝れないまま東京に帰ってきました。明るいうちに帰ってきたので疲れはありませんが、何か勿体無い気がした2日間でした。

クモハ419-13(福井→敦賀)、クモハ125-1(敦賀→東舞鶴)、クモハ112-5809(東舞鶴→福知山)、クモハ113-5803(福知山→園部)、クハ111-5713(園部→京都)、727-3404(京都→東京)、クハ208-8(東京→上野)、モハE531-4(上野→松戸)、東京メトロ6004(松戸→新松戸)

(おわり。  お付き合いいただきありがとうございました。)

2005年7月30日 (土)

気まぐれ乗り鉄の旅 北陸編その5

 福井に来た目的は、そもそものきっかけである福井鉄道に乗ることである。車両が来年ぐらいから名鉄から譲り受ける低床車にほとんどが置き換えられてしまうという情報を聞いて、現在の郊外型電車が走っているうちに一度乗っておきたかったのである。せっかく福井まで行くのだし、青春18切符シーズンなので富山ぐらいまでしか乗っていなかった北陸本線を乗車しながら、未乗ローカル線にもと少々欲張った結果、どっちが主だがわからなくなってしまいました。

 高架になって間もない福井駅を出て、福井駅前に向かうと武生新行きの300型が停車していたので慌てて撮影、すぐにステップを使い乗り込む(これは結構大変)。乗り込むとすぐに発車、大きく揺れながらカーブし市役所前でスイッチバックの後、武生新に向けて発車するものの、軌道線は道路交通に左右されるためなかなか進まない、鉄道区間に入ると見違えるほど速くなった。車内で携帯に着信があるのに気がつき見ると自宅からであった。武生新に着いてから、電話をかけてみると、「お客様のお掛けになった地域は大変混み合っております~」とメッセージで何度かけても繋がらない。一体何?と思って、携帯ラジオを聴いていると「関東地方で震度5の強い地震が~」、繋がらない理由がこれで納得しました。その後連絡がつき自宅は特に問題無しとのことで一安心(親父が地下鉄で3時間待たされたらしいけれど)し、田原町行きの200型で田原町に向かった。

_050724_1

福井駅前にて300型

_050723_3

武生新にて

改札よりには準備中のビール列車が、こっちに乗りたいなぁ。

_050723_7

乗車した田原町ゆきの200型

ヤンキース松井秀喜の顔が目立つ。

IMG_0525

田原町からは、えちぜん鉄道で福井駅へ。本当は三国港まで行くつもりだったのですが、疲れがピークになったので、早めに宿に行くことに。

IMG_0530

宿でちょっと休憩し、食事を兼ねて町に繰り出すと、ビール列車がやってきました(ブレブレですが)。

IMG_0528

こんな車両も。

福井鉄道が主目的のはずでしたが、乗るだけで終わってしまい撮影をほとんどしていないので再訪したいですね。

福井鉄道301-2(福井駅前→武生新)、福井鉄道202-2(武生新→田原町)、えちぜん鉄道2204(田原町→福井)

(つづく)

2005年7月29日 (金)

気まぐれ乗り鉄の旅 北陸編その4

 高岡からは朝から何度も見ている475系にようやく乗車、車端部はロングシート化されているものの、それ以外はほぼ原型のままで窓わきに設置されているテーブルの下には栓抜きも残っていました。それにしても北陸本線は特急列車がひっきり無しにすれ違います、サンダーバード・しらさき・はくたか・北越と乗っているだけで楽しくなります。金沢付近は北陸新幹線の高架橋工事がたけなわでほとんど出来上がっているようでした。実際新幹線が走るようになるまでは、まだ数年はかかるかと思いますが、今後北陸本線の特急列車達にも新しい動きが出てくるのでしょうね。金沢止まりのため、福井行きを待つか・いったん小松行きで小松まで行くか悩みましたが、駅弁を食べるためとりあえず小松まで行くことにしました。

050723_13 金沢駅で見かけた七尾線の415系800番台

毎日見ている常磐線415系と同じ形式ですがこちらは、福知山線の「北近畿」に使用されていた485系の交流設備と交直切替設備を撤去し113系に移植し、交直流化した車両。

E531系で捻出される415系のうち、比較的新しい、500番台。700番台車あたりを北陸地区で再起できればなぁと、これを見て思いました。

 小松駅で時間があったので、ホーム端でつかの間の撮影タイム。

_03

しらさぎ 683系

050723_12

413系(クハ455が入っている2編成しかいない編成)

後ろ3両は475系でした。

_07

パノラマグリーン車クロ481-2000先頭の485系「雷鳥」

485系が国鉄色のまま活躍しているのが嬉しいですね。

_08

直江津よりは、非貫通タイプでした。

485系はやっぱりこの色じゃないと。

050723_11

小松から福井までは、また475系でした。

北陸の475系はヘッドライトがほとんどが原型のデカ目なんですね。

クハ455-62(高岡→金沢)、クハ412-3(金沢→小松)、クモハ475-47(小松→福井)

もう帰ってきてから一週間たってしまいますが、もう少し続きます。

2005年7月28日 (木)

気まぐれ乗り鉄の旅 北陸編その3

 富山から高岡へは、413系に初めて乗車。413系は471・473系を車体更新した車両で車体は片側両開き2扉で車内はセミクロスの近郊型となっていますが、走り出すと種車の急行型そのものの走りです。十数分で高岡に到着ここから氷見線に乗り換えます、ホームに出てまず目に入ったのがEF510型でした。

050723_14

EF81に代わる、JR貨物の交直流の新型電機EF510。

首都圏にもそのうち現れるのでしょうか?。050723_07

氷見線ホームに移動すると、忍者ハットリクンが描かれた特別塗装のDCがいました藤子不二雄のお二人はそういえば高岡出身でしたね。

右のDCが、忍者ハットリクンの塗装車。

050723_08

乗車したのは、一般塗装車でした。

たしか、加古川線から流れてきた車もあったかと思いますが、塗装は統一済みのようです。

050723_09

氷見線のハイライト、雨晴付近の海岸線。

氷見線を往復した後は、本当は城端線も乗っておきたかったのですが、今日の目的地の福井が遅くなるので今回はパスし、北陸本線を福井を目指して行くのであった。

モハ412-10(富山→高岡)、キハ47-42(高岡→氷見)、キハ50-2083(氷見→高岡)

つづく

2005年7月27日 (水)

気まぐれ乗り鉄の旅 北陸編その2

 初乗りの神岡鉄道、朝ということもあって冷房が無いはずなのに車内は涼しくて快適でしたが、車内の清掃があまり行き届いていないのか、車齢の割りに汚いということが印象に残りました。朝もやで窓が曇りエンジン音だけが聞こえるような瞬間は幻想的な感覚も受けました。折り返し列車で猪谷へ戻り再び高山本線で富山へ引き返す、来る時はキハ120の単行でしたが、今度は2連でしたがすぐ高校生中心で座席は埋まりました。富山への通勤・通学客が結構いるのでしょうね。

キハ120-344(富山→猪谷)、おくひだ2号(KM151)(猪谷→奥飛騨温泉口→猪谷)、キハ120-345(猪谷→富山)

050723_04


 富山駅に戻って今度は富山港線に乗車、一本前まで北陸本線で使われる475系3連が使用されるのですが、私が乗る列車からさっき乗ってきた高山本線で使用されるキハ120が運用される、時刻表から判ってはいるのですがやはりちょっと残念。

 入線してきたのはWCを後付で設置したキハ120-352でした。キハ120というとWCが無いDCの代名詞のような存在でしたが、最近は各線でWCの設置工事が進んでいるようですね。LRT化が決まっている富山港線ですから、地元密着の客層かと思いましたが、途中にある競輪場へのギャンブラーが乗客の中心でした(開催日でしたので)。岩瀬浜駅に着くと駅舎にさようなら富山港線の文字が目に入りました。

050723_06

さようなら富山港線の文字がある、記念撮影用のキハ120を模した看板。

なお、おなじものが富山駅にもありました。

050723_05


折り返し列車で今日三度目の富山駅に戻り、今度は北陸本線で高岡に向かいました。

キハ120-352(富山→岩瀬浜→富山)

つづく

2005年7月24日 (日)

気まぐれ乗り鉄の旅 北陸編その1

 週末に北陸方面に乗り鉄オンリーの旅に行ってきましたので、その報告を何回かに分けて書いて行きます。

 まずは、7/22(金)上野発 の急行「能登」で出発。

050722_noto 現役で唯一のボンネット型となった、489系能登編成。

能登に乗るのは、4年振りだったかな。

7/22(金)に乗車した車両 モハ203-122(新松戸→松戸)、モハ414-1524(松戸→上野)、モハ488-14(上野→富山)

「能登」を富山で降りて、まず乗車したのは高山本線の猪谷行き、今日のここからの行程は、すべて初乗り区間ばっかりである。

050723_01 JR西日本のローカル線で出会ことの多いキハ120である。

朝6時だというのに結構乗っているのに驚いた。

猪谷から先は、JR西日本と東海の境界になるのですが、東海区間が昨年の台風の被害で運休中なので、レールがすっかり錆付いていました。

050723_02

猪谷からは、廃止が濃厚の神岡鉄道に乗車。おくひだ2号 KM151でした。

050723_02_1 車内には囲炉裏が、たしか開業時から既にあった設備だったかと。

050723_03 終点の奥飛騨温泉口駅前には、なぜかナンバープレートも無い、DE10が鎮座していました。

神岡鉄道で活躍した機関車だったのでしょうか?。特に案内もなかったような。

以下、つづく(予定)

2005年7月15日 (金)

鉄道趣味について2

 1を書いてから随分日がたってしまい、続編はどうなの?なんて期待もたれていたら申し訳ないので、2をアップします。

 新松戸のマンションに越してきたのが1979年(昭和54年)でした。当時新松戸はまだ開発途上で、区画整理された空き地がほとんで、ところどころマンションが連なっているような、典型的な新興住宅地でした。

 まだ空き地が多いということで、自宅ベランダから目の前を行く武蔵野線~常磐線の連線に加えて武蔵野線の新松戸駅ホームが見えたり、常磐線を行く列車が遠目で確認出来るような状態でした。目の前の連絡線には、馬橋方面はEF15型・北小金方面はEF80型及び成田線に直通するDD51型が引く貨物列車が頻繁に通り、窓を開けていると列車の音が聞こえるような鉄向きな環境でした。少し離れた武蔵野線の本線には、幼い頃から馴染みあるオレンジの101系(1000番台ですが)が走り、飽きもせずよくベランダに居座っていました。年とともに空き地も建物で埋まり、新松戸駅のホームは確認できなくなりました。連絡線をゆく貨物列車は徐々に減り始め、牽引機はEF15はEF65に、EF80はEF81に、DD51は列車自体が無くなりました。一方武蔵野線を行く電車のほうは急速に本数が増加し、101系取替えと増発の為、各線区から103系が色替えせず使用され、塗色の見本市のような姿でした。同じ頃、つくば博の観光客用として大宮発の臨時列車が連絡線を通る事になり、583系やEF80やEF81牽引の12系あるいは20系客車の列車を見ることが出来たりしました。

国鉄の分割民営化でJR東日本になってからは、常磐線の103系が大宮~取手をホリデー快速として走ったりしましたが、あまり利用客がいなかったのか数年で設定されなくなってしまいました。京葉線開通後、ディズニーランド向けのワンダーランド号が設定され、常磐線から連絡線を通り南流山で折り返し、武蔵野線・京葉線というルートが確立され、当初は快速として403あるいは415系で運転され、その後急行として485系あるいはE653系となり、ワンダーランド→イクスピアリ→わくわく舞浜東京と列車名は変わってますが、現在でも時折運転されています。

 武蔵野線もオレンジ色の103系が少なくなり、子供の頃からの鉄道風景も随分変わったなと感じる最近であります。鉄道趣味というより、連絡線の話に終始してしまいましたね。

おまけ

3

ホリデー快速とりで

1990/8

WA

たしか上の写真と同じ日だったかと

ワンダーランド号

1990/8

2005年7月10日 (日)

E531系の車内他

昨日は、乗車したものの乗客が多くて車内をろくに見ることが出来なかったので、本日は土浦駅でゆっくり見てきました。

 

tuchiura_0710_01 土浦駅の停車位置案内は、車両が描かれていて楽しいのですが、E531系も追加されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_02 ロングシート車(モハE530-1001)

 

基本設計は同一であるE231系とは、座席の色が明るくなったためか印象が随分と違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_03 セミクロスシート車(モハE531-1)

 

座席は、東海道線向けE231系同様クッションがやわらかくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_05 出入口の床とドアの戸あたり部には黄色のアクセント がつく。tuchiura_0710_07

 

常磐線では馴染みの薄い、半自動式ドアの押しボタンも設置されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_06 ドア上の表示機は、常磐線のE231系同様の2段式。下段の右端は号車番号が常に表示するようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_08 荷棚はアルミの板状のものになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_09 下から見るとこのような感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tuchiura_0710_10 一番車内で目立っているのが、新しい形状の黒色の吊り手。

 

ACトレインで試験的に設置されたものと同様とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ueno_0709_1 こちらは昨日の上野駅の模様ですが、正面の表示機は、列車番号、特別快速、常磐線という表示でした(普通列車は常磐線の表示)。出来れば行き先も交互表示して欲しいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ueno_0709_2 側面は、行き先と常磐線の交互表示がされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ueno_0709_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと画像貼り過ぎてしまいましたね。

 

ホームページ用に加工した画像を結局すべて使ってしまいました(HPの方はどうすんだ)。

2005年7月 9日 (土)

ダイヤ改正 E531系運転開始

本日7月9日より、常磐線のダイヤ改正が行われ、新型車両E531系がいよいよ運転を開始いたしました。

 

e531_050709_00 下りの特別快速1本目

 

前面の種別表示は、普通は「常磐線」、特別快速は「特別快速 常磐線」となっている。

 

新松戸にて

 

 

 

 

 

 

 

e531_050709_01 午後の上り特別快速

 

馬橋にて

2005年7月 8日 (金)

さようなら常磐線2階建て車両

くましげのホームページの方には載せておりますが、7月8日をもって常磐線を走っていた2階建て車両クハ415-1901の運転が終わることになりました。

 

 昨日の7日の朝通勤時にたまたま乗車し(最後尾のドア脇ですが)、これが私にとっては最後の乗車となりました。今朝の103系の運用が先週の土曜日と同様に上野駅で2階建てと並ぶ事が確認できたので、上野駅でなんとか並びが撮れないかなと思いデジカメをバッグに入れて通勤しましたが、上野駅でタッチの差で103系が発車してしまい撮り逃しました。最終日ということで上野駅10番線の日暮里方はカメラを構えた人で一杯でした。

 

0708_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K880編成今日のコンビはデカ目のK821編成だったので、これの連結部を撮ってから上野駅を後にしました。

 

0708_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅時はうっかり忘れて真っ直ぐ帰るところでしたが、松戸駅で最終列車を見届けてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はいよいよダイヤ改正だ。

2005年7月 3日 (日)

常磐線ダイヤ改正

7月9日より常磐線のダイヤ改正が行われますが、ダイヤ改正の告知が目に付く機会が多くなりました。今回の改正の目的が、ライバルとなるつくばエクスプレス対策であるため宣伝にも力を入れているものと思われます。

050703_47

上野駅中央口の、巨大な垂れ幕

050703_3

050703_2

上野駅11番線の中央口より、写真の旗のようなのが大量に

050703_1

新松戸駅入り口の横断幕(黄色のやつ)、緩行線は改正で特に恩恵はないのですが?。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

常磐緩行線 203系・207系・209系

  • 2018年9月 ありがとう209系Ⅱ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。 209系1000番台も追加

東京メトロ6000系

  • 営団時代6135F
    東京メトロ6000系のアルバムです。 35編成+ハイフン車1編成撮影済

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。