無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 東京総合車両センター夏休みフェア | トップページ | 気まぐれ乗り鉄の旅 東北編その1 »

2005年8月28日 (日)

東京総合車両センター夏休みフェア その2

車両センターの入口に保存されている、101系の試作車クモハ101-902

 昭和32年に新性能通勤型電車の礎となったモハ90系として誕生した10両のうち東京総合車両センターの前身の大井工場で製造された1両である。中央線のオレンジ色の塗装はこの車から始まったものです。この車両は来年に大宮に開設される鉄道博物館入りが決定しており現在の場所で見学できる最後の機会だったかもしれません。

050827_05 050827_06 _050827_43

帰りがけ見かけたら、方向幕が福生から東京競馬場に変わっていました。

 工場公開(工場じゃないか)もとい車両センター公開で楽しみの一つが、掲示板に貼られている技術科工事情報で、今回もいろいろとありました。

050827_08

 まだ公けになっていなかった情報では、209系及びE501系の側窓の一部を開閉化する改造工事(停電時の換気対策)や中央総武緩行線の209系500番台の1編成が京浜東北線に転出する事が主なところでしょうか。

 今回はこの技術情報のここ1年分ぐらいが掲示板ではない別のところに貼ってあり、それのコピーがもらえる状態でした。一部は既に無くなっていましたが、No51~55(54は欠番?)にかけて手に入れることが出来ました。

050827_10

 こちらはコピーが既に無くなっていたNo56、情報的には上のNo57とダブリますが、埼京線205系に戸鋏み検知装置の設置の事が詳細に書かれていました。

 本来は内部資料かと思うのですが、コピーを用意しているあたりファン心理を突いてますね。

おまけ

_050827_28

103系に使用されているMT55型モーターなんですが、ハイキ予定とチョークで書かれています、予備品なのかわかりませんが103系の廃車が進みストックも減らしているのでしょうか。

 

« 東京総合車両センター夏休みフェア | トップページ | 気まぐれ乗り鉄の旅 東北編その1 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/5676539

この記事へのトラックバック一覧です: 東京総合車両センター夏休みフェア その2:

« 東京総合車両センター夏休みフェア | トップページ | 気まぐれ乗り鉄の旅 東北編その1 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。