無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 南紀・熊野旅行 その2 | トップページ | 雷 »

2005年8月14日 (日)

南紀・熊野旅行 その3

3日目(8月7日)つづき

IMG_0700
 瀞峡観光の後は志古より新宮駅にバスで出て、紀勢本線で紀伊勝浦駅に移動しました。
勝浦港の観光桟橋より紀の松島めぐりの船に乗船。しばし、勝浦沖の島々の遊覧を楽しむ。遠く那智の滝も確認できた。

IMG_0722

下船は桟橋でなくホテル浦島にし日帰り温泉で入浴、海に面した洞窟の中にある忘帰洞に入浴してみた。実は前日も観光桟橋から船で行けるもうひとつのホテルである、ホテル中の島の日帰り温泉に入浴して、こちらも海の見える紀州潮聞の湯に入った。日帰りではありますが、勝浦を代表する温泉に入れたのが良かったです。今晩の宿は宇久井にある休暇村ですが、勝浦駅から迎えのバスで到着、ここの温泉「めざめの湯」もなかなかでした。夜の食事では、くじらのさしみをオーダーしてみました。両親は懐かしいとのことでしたが、私は未経験(くじら自体、給食で出た立田揚げしか経験が無い)ちょっと臭みがあるもののなんとか食べられました。部屋は海に面していて日の出が綺麗そうということで翌日を楽しみに就寝。

4日目(8月8日)

_050806_23

昨晩、楽しみにしていた日の出。

 はや4日目、朝は早く6時に宿を出て、宇久井港から出るくじらウォッチングに参加。7時頃、漁船を改造したらしい小型船で出航、一路沖を目指します。1時間ほど沖に出たあと、ゴンドウクジラの群れに出会いました。4月~6月頃だとマッコウクジラにも出会うそうですけれど、全く出会わない日もあるそうなので群れにあっただけ好かったのかも。写真を上手く収めたいところですが、旅行中ということで望遠系レンズが無いので標準ズームだけがたより、一眼デジなので35mm換算100mmぐらいは出てますが、なんとか形は撮れました。 

_050808_0

もう少し、ズームがあると!

1時間ほどウォッチングした後、地上に戻り紀伊勝浦駅から「ワイドビュー南紀」6号で帰路につきました。

おまけ

IMG_0634
 2日目だけ宿のことを書いていませんが、新宮駅近くのビジネスホテルに泊まりました。勝浦で中の島の温泉に入浴し、紀伊勝浦駅から新宮まで105系に乗車。紀勢本線から撤退したと思っていた、103系1000番台改造の105系も健在していましたが撮影できず。実は翌日も、新宮から勝浦でオーシャンブルーの105系に乗っています。

IMG_0635
泊まったホテルから新宮駅を見たカット。

JR西日本とJR東海の特急車がなかよく休んでいました。

« 南紀・熊野旅行 その2 | トップページ | 雷 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南紀・熊野旅行 その3:

« 南紀・熊野旅行 その2 | トップページ | 雷 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

常磐緩行線 203系・207系・209系

  • 2018年9月 ありがとう209系Ⅱ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。 209系1000番台も追加

東京メトロ6000系

  • 営団時代6135F
    東京メトロ6000系のアルバムです。 35編成+ハイフン車1編成撮影済

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。