無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 流鉄 ワンマン化準備中 | トップページ | 東京駅ルネッサンス »

2006年3月19日 (日)

旧万世橋駅遺構公開

 神田の交通博物館が、来年埼玉に開館予定の鉄道博物館として生まれ変わる為、5月14日もって閉館となる。これに合わせて、交通博物館の位置にかつてあった万世橋駅の遺構の特別公開を行っているので、前々から行こうとは思っていたものの、予約が必要とか聞いていたので延び延びになってしまっていましたが、どうも予約なしでも入れるという話を聞いたので、それではということで見学に行ってきました。

_060319_10

 ここが、旧万世橋駅ホームです。奥が御茶ノ水、右側が秋葉原という位置にあります。以前公開された時は、ホームに蓋をされているようなのを見た記憶がありますが、いつの間にかアクリル製の展望室のようなっており、このような撮影タイムがありました。

_060319_12

レンガ作りのアーチが歴史を感じる。高架橋自身は現在も中央線が走っています。

_060319_11

ホームへ通じる階段。階段の滑り止めは、戦時中金属供出のため撤去されたのがそのままとなっていました。

 万世橋駅は明治45年に開業、大正8年に中央線が東京駅まで延びるまではターミナルとして機能していました。昭和11年に交通博物館が併設されましたが、昭和18年に駅としての役目は終了してしまいました。以後一部は博物館の施設に生まれ変わりましたが、今回公開された、通路や階段は人目にも触れず当時の姿をそのままに残されてきたものです。

 交通博物館というと子供の頃、親に連れて行ってもらった事を覚えています。当時と展示物があまり変わらない事に懐かしさを感じるのと同時に、時代遅れなのかなとも思いますので、埼玉に出来る博物館に期待したい思います。交通博物館では国鉄時代全国の記念切符を販売していたので、中学生の頃何度か買いにきた思い出もあります。

« 流鉄 ワンマン化準備中 | トップページ | 東京駅ルネッサンス »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/9163540

この記事へのトラックバック一覧です: 旧万世橋駅遺構公開:

» さよなら交通博物館  旧万世橋駅遺構特別公開 [湯ったり乗ろうのブログ]
3/21に交通博物館に行ってきました。 理由は5/14に閉館して2007年10月14日に大宮工場に隣接した土地に 鉄道博物館として移転するためです。そのために現状の最後の交通博物館を見に行きました。 本来なら青春18きっぷが残っているので18キッパーをしたいのですが、 たまたま休みになったので、この日に行きました。 実は電話予約で旧万世橋駅の見学を申し込みと思いましたが、 すでに3月土日... [続きを読む]

» 旧万世橋遺構公開に行った [mattoh]
 数日前に記事にした交通博物館のさよならイベントですが、今日訪問してまいりました [続きを読む]

« 流鉄 ワンマン化準備中 | トップページ | 東京駅ルネッサンス »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。