無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 餘部に行ってきました その1 | トップページ | 山崎のカーブでの撮影 »

2007年9月 4日 (火)

餘部に行ってきました その2

 城崎温泉から10時4分発の浜坂行き(167D)に乗車し約50分、10時51分ようやく餘部駅に到着です。

 _070901_01

 余部橋梁を列車で渡るのはこれが2度目、以前鳥取からの旅路で乗車した事がありましたが雨降りだったため餘部駅での下車は控えたため心残りとなっていました。そうこうしているうちに架け替えが発表、今年に入り工事も始まったということでいてもたっていられなくなり、今回の訪問となりました。

 ホームに降り立つお客さんも結構多く、にわか観光地化しているのが実感できました。先日たまたま見ていたクラブツーリズムのツアーにも、余部鉄橋をコースに含めたものがのっていましたし。

 次の列車が来るまでかなりあるので下の町に下りてみました。間近に見ると圧倒されますね。100年近く風雪に耐えてきた鉄骨は風格がありました。

_070901_07

_070901_10

 町をウロウロしていたら腹も空いてきたので駅に戻ってお立ち台で、朝買っておいた御握りをいただきました。空腹が満たされると今度はWCに行きたくなってきました。餘部駅にはWCは無いため再び町に下りてバスの駐車場の仮設WCを拝借して済ませました。

 この上がり下がりで日頃の運動不足がたたり、すっかり疲れてしまいました(上がる時は息ゼエゼエだもん)。

 列車の通過が近づくと、どこからやってきたのかと思うほどお立ち台には大勢の観光客と数人の「鉄」に囲まれました。

_070901_15

 171D キハ47の2連

_070901_16

 1D はまかぜ1号 キハ181系4連 

 先ほどの運動不足の疲れと夜行バス明けの寝不足がたたり、立っているのがつらくなってきたため、このはまかぜの撮影で打ち止めにすることにしました。

 今晩の宿は新大阪を予定していますが、13時31分に餘部を出ても大阪の到着は19時過ぎとなり、餘部はやはり遠いなぁという印象でした。

 福知山線にはあの痛ましい事故後初の乗車でしたので、事故現場の通過の際は心の中でお祈りしておきました。鉄道をよく利用するものとして人事ではないだけに、二度と事故の無いよう安全対策には万全を願いたいと思います。

 

« 餘部に行ってきました その1 | トップページ | 山崎のカーブでの撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道 JR西日本」カテゴリの記事

鉄道 乗り鉄旅」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。私も去年、餘部鉄橋を見ようとあれこれ計画を立てましたが、往復飛行機でしかも日帰りとなるとやはりどうしても難しいことがわかり、結局行きは浜松町から出る鳥取行きの夜行高速バスを利用しました。そのおかげで鳥取砂丘も見ることが出来たんですけど、やはり餘部は遠いですね。

 くましげさんの画像を見ると、鉄橋の橋脚などには工事が伺えるような目立ったものはないようですね。私の場合は年があけると工事が始まるという話だったので、慌てて計画を立てた次第なんですが、この状況でしたらもう少しのんびりとしていてもよかったかもしれませんね。でも、間近で見る鉄橋の様子はやはり迫力満点ですね。

mattohさん、コメントありがとうございます。
 工事は地上ではフェンスに覆われている部分もありましたが、幸いお立ち台からは目立たず撮影には支障しませんでした。しかしトンネルの周辺の木が伐採されてしまっているのが画像からもお解かりになるかと思います。
 当日来ていた人から聞いた話では、お立ち台の部分は架け替えで削り取られて線路が敷かれるるそうで、今年一杯で閉鎖になるらしいことを聞きましたので、行っておいてよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/16342794

この記事へのトラックバック一覧です: 餘部に行ってきました その2:

« 餘部に行ってきました その1 | トップページ | 山崎のカーブでの撮影 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。