無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 流鉄 「流馬」 さよなら運転 その2 | トップページ | 秩父鉄道 国電リバイバルカラー »

2007年11月29日 (木)

流鉄 「流馬」 さよなら運転 その3

 のんびり更新を進めてきましたが11月も終わってしまうので、この辺で打ち止めにしておきます。

 昼食後、平和台駅前を歩いていると、ちょうど「流馬」の最後の馬橋行きが出発して行くところでした。一度ぐらい乗車したいとは思っていましたが、撮影に徹していたのでかないませんでした。たぶん何度か乗車しているはずですが記憶が全くありませんでしたので!。

 線路脇の道路を徒歩で流山駅に向かい最終列車の到着を待ちます。既に数多くの「鉄」が流山駅のホーム、ホーム上の歩道橋や線路脇の道路に集結していす。平和台駅に「流馬」の姿が目撃できると、踏切が鳴り始め、いよいよその時がやってきました。

_071118_01

 流山駅に到着する、「流馬」の最終列車。

_071118_02

 「流馬」の代わりに1番線でお昼寝中の「流星」がピンチヒッターで出発、「流馬」の入れ替え作業後は「青空」にバトンタッチするので、今日は一往復だけの運転です。

 ホームは「流馬」引退を惜しむファンで一杯です。

_071118_03 _071118_04 _071118_05

 一旦馬橋方に動いた後側線に引上げて行きます。画像をよく見ると流鉄の社員の方も撮影されているようです。

_071118_06

 このまま検修庫に入るかと思ったら、元西武801系同士の「青空」と並んだ位置に止まりました。明星のパンタに邪魔されてしまいましたが・・・。

_071118_08

 この後も、しばらくはマークを付け替えたら取り外したりとファンサービス。

 この時点での流山駅のホームのヒートアップは頂点に達しており、流鉄にこんな鉄が終結したのは未だかつて無い程でした。

_071118_09

 その後検修庫に入りパンタを下ろし、西武29年・流鉄10年の計39年の生涯を閉じました。ご苦労様でした。

 今頃はもう解体も始まっているでしょうね。

« 流鉄 「流馬」 さよなら運転 その2 | トップページ | 秩父鉄道 国電リバイバルカラー »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道 イベント」カテゴリの記事

鉄道 ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道 流鉄」カテゴリの記事

鉄道 私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/17225518

この記事へのトラックバック一覧です: 流鉄 「流馬」 さよなら運転 その3:

« 流鉄 「流馬」 さよなら運転 その2 | トップページ | 秩父鉄道 国電リバイバルカラー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。