無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 流鉄 鉄道の日イベント | トップページ | 今日の流馬 »

2007年11月10日 (土)

コンデンサー破裂&修理

 久々にPCネタです。 

現在サブPC(実質的にはサブのサブ)として使っているキューブ形のPCを久々に立ち上げると、BOIS画面の後の「Verifying DMI Pool Data・・・・・Update Success」から全く進まない状態になってしまいました。CMOSクリアやBIOS設定を代えたりドライブ入れ替えたりしてみたものの全く状態に変化がありません。途方にくれて、WEBでマザーボードの型番のShutteleFV25でいろいろと検索しているとあるサイトにたどり着きました。

電解コンデンサーの大量死 テンプレサイト

2001年から2002年頃に台湾で製造された電解コンデンサーの中に通常より短い使用期間で寿命が尽き破裂して電解液が漏れるものがあり。それを使用した一部のマザーボードに被害が出ているというものです。液漏れ警報マザーボードにFV25も含まれていました。

 慌ててマザーボードを調べると、あきらかに液漏れの症状があちこちに!

Fv25_1

 赤い丸印のものが液漏れが確認できたコンデンサーです。

 それ以外にもあきらかに膨張したものが2個ほど。

Fv25_2

 1箇所は完全に破裂して液がマザーに掛かってしまっています。

 先ほどのサイトによるとコンデンサーを取り替えると復活できるらしい。どうせメインのPCでは無いし駄目もとで数十年ぶりの電子工作にチャレンジすることに。

Fv25_3

 取り外したコンデンサー 左は完全に中身が飛び出ています。

 昨日の帰宅時アキバの千石電商でコンデンサーを買い求め、ついでに半田ごても新調。家に帰ってさっそく駄目になったコンデンサーの取り外しからスタート、ふとコンデンサーの書かれている数字を見ると一種類を間違えて買ってしまった事に気がつきました。

 そのため今日再びアキバのラジオセンターで調達。夕方から取り付け開始、最初は破裂が確認できたもののだけのつもりでしたが、予防のつもりで同種類のコンデンサーは全て交換しておきました。昨日の取り外しと合わせて2時間ほど半田ごてと格闘して交換完了、仮組みでおそるおそる電源オン、例の「Verifying DMI Pool Data・・・・・Update Success」は過ぎて「NO SYSTEM DISK ERROR」が表示されたので問題は解決、HDDやDVDドライブを接続して完全復旧、ウインドウズXPが立ち上がるのを確認してようやく修理完了です。

 部品代は間違わなければ1000円でおつりがきますから手間を除けば安上がりでした。半田ごてはともかく電子工作は中学の技術でラジオを作って以来でしょうか。

« 流鉄 鉄道の日イベント | トップページ | 今日の流馬 »

自作PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンデンサー破裂&修理:

« 流鉄 鉄道の日イベント | トップページ | 今日の流馬 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

常磐緩行線 203系・207系・209系

  • 2018年9月 ありがとう209系Ⅱ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。 209系1000番台も追加

東京メトロ6000系

  • 営団時代6135F
    東京メトロ6000系のアルバムです。 35編成+ハイフン車1編成撮影済

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。