無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 流鉄 6月21日からダイヤ改正 | トップページ | おおみや鉄道ふれあいフェア »

2009年6月 3日 (水)

秩父鉄道 わくわく鉄道フェスタ(5月16日) その3

 既に前回で、イベント会場を後にしていますのでタイトルがふさわしくありませんが、そのまま続けます。

 石原駅を過ぎてから1983年に廃止された東武熊谷線の線路跡を探索、線路跡は「かめのみち」として整備されていました。

_dsc0948

 さらに進むと、鉄道車両風のコンクリートの建物に出くわしました。

_dsc0945

 熊谷線を走っていた湘南顔のキハ2000形をイメージしたもののようです。

 側面には妻沼~熊谷のサボが掲げられていました。

 高崎線を超える部分の築堤は崩されて低くなっていましたが、小川を越えるコンクリート橋が残っていまして、高崎線の撮影も出来ました。

_dsc0953

 高崎線 211系

 オフ会一行はここで引き返しますが、今度は石原駅方面ではなく廃線跡をたどり上熊谷駅方面へ向かいます。廃線跡の遊歩道は秩父鉄道に平行したところで終わりますが、ここからは線路もそのままで残っていました。

_dsc0962

 1000系が走る秩父鉄道に平行して左側に熊谷線が通っていました。この付近では線路がそのまま埋もれています。

上熊谷駅へ近づき高崎線が合流してくる位置までくると、オフ参加者の中からそろそろ安中貨物がやって来る時間との話が出て、さっそく準備することに。

_dsc0973_1

 後ろが切れてしまいました。

 安中貨物は常磐線内では頻繁に撮影していますが、高崎線では初の撮影でした。

 上熊谷駅へ到着し、時刻表を確認すると30分以上来ないことが判明、結局熊谷駅まで歩く事になり、広瀬川原から熊谷まで歩き通す事に、何とも健康的なオフ会となりました。

 熊谷駅へ近づくと、疲れを忘れるサプライズな事がありました。遠めに視界に入る熊谷駅で留置されている編成が、1000系のリバイバルカラーの4色並びに見えたのでした。

 足早に熊谷駅へ到着し駐車場からのぞくと残念ながら3色ならびでしたが撮影する事が出来ました。ほどなくカナリア編成がホームに入線してきました。どうも入換え中のところで運よく4本並んで見えたようです。

_dsc1009

 カナリア色が羽生行きで出発するところを無理やり絡めて4色並び

 最後にいい物を見させていただきました。秩父鉄道さんありがとうございます。

 このあと懇親会で打ち上げとなりました。 

« 流鉄 6月21日からダイヤ改正 | トップページ | おおみや鉄道ふれあいフェア »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道 EF81」カテゴリの記事

鉄道 ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道 私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/45223896

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道 わくわく鉄道フェスタ(5月16日) その3:

« 流鉄 6月21日からダイヤ改正 | トップページ | おおみや鉄道ふれあいフェア »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。