無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 新機種発表 | トップページ | 10月2日 流山駅 »

2010年9月19日 (日)

流鉄・5000形第2編成を小手指で観察

 先月29日で引退した流鉄の3000形「流星」の実質的な代替車となる編成が、9月に流山やってくる事は既に記事にしておりました。

 とれいん誌のWEBサイトの甲種特大追加情報(http://www.etrain.jp/transportation/transportation.cgi)によると9月27日に甲種輸送が行われるそうです。また、流鉄カラーとなった元101系2連が小手指の車両基地に留置されているとの情報が鉄道フォーラムにもあがっていたので、本日様子見に行って見ました。

20100919_dsc4587

 小手指車両基地の一番本線側の留置線の狭山ヶ丘よりに居ました。

 70~200mmにテレコン付けてなんとか収まりました。

 こう見ると全部繋がって見えます。愛称はまだ決まって無いようですが塗装は「流星」そのものですね。 

20100919_dsc4579

 ライオンズカラー(左)初めて目にしました!。

20100919_dsc4593

先日多摩川線から戻ってきた101系低運車221Fですかね?顔を合わせていました。

20100919_dsc4598

道路側からだと下半身(?)が全く見えません。

甲種輸送は平日なので見ることが出来ませんが、今日確認できたのでとりあえず満足です。

« 新機種発表 | トップページ | 10月2日 流山駅 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道 ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道 流鉄」カテゴリの記事

鉄道 私鉄」カテゴリの記事

コメント

くましげさん、わざわざ小手指まで出張されたんですね!ご苦労様でした。

私も日曜日にバイクに乗って小手指まで観察してきました。

いつも思いますが、塗装を変更するだけで、イメージが相当変わります!

流鉄5000系として末永く活躍してくれるでしょう。

どもっm(__)m

先月29日の流星引退以来に馬橋に来たので、流山まで行きました。
もしかして、11月のイベントまで流星は残るかも?と予想してましたが…解体が始まってました。
今回は二代目流馬のように細かく部品を外して解体のようで、幕、愛称板、ライト(片方)、乗務員室ドアが外されていました。

準急豊島園さん、のっぽさん

コメントいただき有り難うございました。
お返事遅くなりまして申し訳ありません。

ここのところ本業が多忙ですっかり忘れていましたが、27日に流山に予定通りやってきたようですね。
週末にも流山に様子見に行ってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/49498592

この記事へのトラックバック一覧です: 流鉄・5000形第2編成を小手指で観察:

« 新機種発表 | トップページ | 10月2日 流山駅 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。