無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 流鉄「若葉」引退へ | トップページ | 流鉄 若葉ラストラン »

2011年5月 3日 (火)

16000系2次車登場

 東京メトロ千代田線16000系は昨年中に5編成がデビューしたのち、しばらく増備が途絶えいましたが、このたび2次車として16106Fが登場しています。

20110501_dsc5709

 画像からおわかりいただけるように貫通扉が中央部から助手席側に移動する設計変更が行われております。

20110501_dsc57132

 貫通扉が助手席側に移動した先頭部

20110501_dsc5657

 ご参考に1次車の先頭部。

 貫通扉が寄ってる方が6000系以来の伝統デザインですよね。乗り入れのJRや小田急の方が先代は中央部だったの対し新型が寄ってるデザインになったりしているのがユニークでした。1次車のデザインは5編成で打ち止めなので少数派になるようですね。

 JR側の常磐緩行線E233系2000番台は増備が進み12本目まで登場しており、203系に出会う機会もすっかり減ってます。

20110501_dsc57242

 いまのところ最新のマト12編成

20110501_dsc5717

 稼働編成もついに半数を切った203系

 今の流れだと秋頃までに置き換え完了しそうです。

 全て金町駅にて2011/5/1撮影

 

« 流鉄「若葉」引退へ | トップページ | 流鉄 若葉ラストラン »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道 JR東日本」カテゴリの記事

鉄道 常磐線」カテゴリの記事

鉄道 東京メトロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/51568365

この記事へのトラックバック一覧です: 16000系2次車登場:

« 流鉄「若葉」引退へ | トップページ | 流鉄 若葉ラストラン »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。