無料ブログはココログ

TB承認制

  • ※トラックバックはスパム対策のため止む得ず承認制をとっております。承認には数日いただく場合もございますのでご了承願います。基本的に記事内容と関連性があれば拒むつもりはありません。

« 常磐線開業120周年 記念ラッピング | トップページ | 軽くなった? »

2017年7月 8日 (土)

流鉄「流馬」さよなら

 昨年以来、ブログの表示が重いこともあって更新滞っていますが(単なるサボりでもあるけど)、流鉄の5000形「流馬」が7月30日の運転を持って全般検査に入り、塗装変更と新愛称で来春に再デビューとなることが発表されました。車両の置き換えによる引退はありましたが、塗装変更と愛称の変更は、かつて初代1200形「なの花」に施された「コマツ」号以来でしょうか。「コマツ」号はその後元の「なの花」に戻されましたが、「流馬」はどう変わってしまうのか気になるところです。

Dsc_1740

さよならヘッドマーク付けた「流馬」 

馬橋-幸谷 2017/7/5撮影

その「流馬」ですが、7/1の運転よりさよならのヘッドマークを掲げていますので早速記録に残してきました。

Dsc_1744
前後異なるマーク

馬橋-幸谷 2017/7/5撮影

初代1200形(元西武501系)、2代目2000形(元西武801系)、三代目5000形(元西武新101系)と3世代にわたって水色の塗装と「流馬」の愛称を引き継いで来ましたがこれで途切れてしまうのはちょっと残念ですね。

7/30の運転の案内は流鉄のホームページ(http://www.ryutetsu.jp/)で公開されています。

※お詫び 記事更新当初うっかり「流馬」を「流星」と混同していました。

« 常磐線開業120周年 記念ラッピング | トップページ | 軽くなった? »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道 イベント」カテゴリの記事

鉄道 ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道 流鉄」カテゴリの記事

鉄道 私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116772/65509908

この記事へのトラックバック一覧です: 流鉄「流馬」さよなら:

« 常磐線開業120周年 記念ラッピング | トップページ | 軽くなった? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

常磐緩行線 203系・207系

  • 2011年10月 新転地へⅡ
    置換えが決まっている、地元常磐緩行線の203系・207系900番台をコンプリート。

京浜東北209系

  • ウラ38
    京浜東北線209系 全編成撮影を目指して奮闘中                                                                             2008年4月5日、ウラ75編成の撮影をもってコンプリート達成しました!。

リンク

  • くましげのホームページ アーカイブ
    くましげ本人が過去公開していたWEBページです。 主に常磐線と流鉄をテーマにしています。 このブログを始めた2005年頃でほぼ更新は止まっています。